フリー技術者総合サイト ITFREE

アプリ開発

アプリ開発手法

スマートフォンのアプリ開発にはさまざまな手法が有る。

ネイティブアプリ

その機種固有のソフト(ネイティブアプリ)を作る場合、その機種用の開発ツールを入手し、開発を行う。

Android

Android-SDK、Eclipseを入手
言語はJavaで行う。

iPhone

XCodeを入手(Macでの開発)
言語はObjective-Cで行う。

利点:機種の全ての機能が使え、高速
欠点:言語およびSDKの知識が必要。別の機種では動作しない。

ハイブリッドアプリ

各スマートフォンに対応できるアプリ(ハイブリッドアプリ)の開発も可能。

Titanium Mobile

Titanium Mobile SDKを入手し、JavaScriptで行う。iPhoneやAndroidなどのソフトを1つのソースから開発可能。

利点:ネイティブアプリと同等の速さ。
欠点:JavaScriptで画面など全てを作成するため、やや敷居が高い。

PhoneGAP

Webアプリケーションをアプリにパッケージ化できる。
iPhoneやAndroidなどのソフトを1つのソースから開発可能。

利点:Webアプリケーション開発の知識・ツールが全て使える。
欠点:機種固有の機能では使えないものもある。やや遅い。機種毎の開発環境は依然必要。

PhoneGap:Build
Monaca beta

PhoneGap:BuildはPhone GAPの開発環境をWebで使用できる。Monacaは日本で開発されたPhoneGAPを使うWeb開発環境。どちらもインストールは不要で、html・css・JavaScriptで作成したファイルをアプリに変換できる。

学習方法

言語の知識 → ライブラリの知識