フリー技術者総合サイト ITFREE

HTML/CSS

Webページを作る基礎となる言語

HTMLとはHyper Text Markup Languege の略で、Web使用されているハイパーテキスト記述用言語です。つまりホームページを作るための言語です。

言語といってもプログラミング言語のように難しくはありません。文書の中で、「ここは太字にしろ」とか「ここに画像を入れろ」とか「ここはこのページにリンクしろ」といったような記号(タグ)をつけるだけです。

基本的には、以下の書き方をします。

<タグ>タグによって影響を受ける文字列</タグ>

このタグ文字によって様々な表現を表します。例えばbというタグは太字を表しています。以下の例を見てください。

ここは普通ですが<b>ここが太字になります</b>。

ブラウザで表示すると・・

ここは普通ですがここが太字になります

当社のHTMLエディタ HyperEditはメニューから選ぶだけで様々なタグを挿入することができます。HTMLやCSSを学習するにも最適です。

一方、CSS(スタイルシート)は、HTMLの具体的な表示方法を指定するものです。HTMLのタグを実際にはブラウザがどのように表示するかはCSSで指定します。CSS登場以降、文書の論理構造についてはHTMLのタグで、表示方法についてはスタイルシートで指定するようになりました。

現在、HTML/CSSは単純なWeb開発だけにとどまらず、アプリ開発でも使用することがありますしJavaによる業務アプリケーションでも使用することがあります。IT業界のさまざまな場面で使用され、エンジニアとしては必ず押さえておかなくてはならない「常識」になっています。

使用用途

  • Web開発
  • ハイブリッドアプリ開発
  • 業務アプリの画面

学習方法

HTML → CSS