フリー技術者総合サイト ITFREE

Java

代表的オブジェクト指向言語

Javaはさまざまな開発に使われるプログラミング言語です。特にオブジェクト指向言語として日本では最も広く普及しており、業務アプリケーションの開発ではスタンダードとも言える存在です。

最近でのJavaの用途として多くなっているのはスマートフォンのアプリ開発です。AndroidではJavaでの開発が標準で、公式マニュアルもJavaでの開発を前提としています。

業務アプリケーションでは、「サーブレット」を使った開発が多くなっています。これはJavaでWebサーバのサーバ側を記述する技術です。これを使い、社内システムなどでもWebベースでの開発が増えています。

Javaは言語としてはC言語系であり、文法的にはJavaScriptと似ていますが、実際にはJavaScriptとは全く異なる言語です。(JavaScriptは出現当初に流行していたJavaにあやかってつけられたマーケティング的な名前にすぎません)

Javaはオブジェクト指向度が高く、オブジェクト指向についての知識が無いと開発は困難です。学習するにあたってはオブジェクト指向についても学んでいく必要があります。オブジェクト指向についてはUML等の記述方法も学んだ方がいいでしょう。

Androidの開発に当たってはJavaの知識だけでは無くAndroid開発用のライブラリの知識も必要となります。サーブレットの開発についてはWebの知識も必要となります。

使用用途

  • Androidアプリ開発
  • 業務アプリケーション開発(サーブレット)

学習方法

Java文法 → オブジェクト指向 → ライブラリの知識