カード型データベース TCARDとは?


TCARDのカード画面1


TCARDのカード画面2


TCARDの一覧表画面


画像をつかった画面

簡単カード型データベース

「カード型データベース TCARD for Windows」は、出来るだけ簡単な操作を目指した汎用データベースソフトです。

住所録、蔵書リスト、CDリストなどの個人的なデータから顧客管理、販売管理などのビジネスデータまで、さまざまなデータの整理、検索、集計、印刷に利用できます。データの種類は問いません。いろいろなデータを活用できます。

また、データ形式にテキストファイル(CSV形式)を採用しているため、ExcelやAccessなど他のアプリケーションとの互換も容易です。将来ソフトを乗り換えるようなことがあっても心配いりません。

以下にTCARD for Windowsの特徴をあげます。

わかりやすい操作方法

市販データベースと比べてTCARDは直感的に操作可能です。これはTCARDがカード型データベースソフトだから、ということもあります。

市販データベースソフトよりはるかに軽い

市販データベースと比べてTCARDは非常に高速です。これはTCARDが少量のデータに特化した内部構造を持っているためです。逆に大量のデータ(1万件など)では、TCARDの方が市販ソフトよりも遅くなります。

高機能

TCARDは最低限の機能だけではなく、カード型データベースを使うのに必要十分な機能がそろっています。検索・絞り込み・整列・集計などはもちろん、インクリメンタルサーチや計算式、選択肢の設定、カードのデザイン、IMEの制御、クロス集計などに加え、さらにHTML出力や検索CGIの作成、画像の表示まで出来ます。

市販のデータベースソフトと比べると、個人では使わないような複雑で高度な機能を廃し、その分、軽くなって、しかも簡単なソフトがTCARDです。

自分で項目を作ってカードを作成し、そのカードを並べ替えたり、検索したりすることが出来ます。もちろん、全ての項目から検索可能,しかも大文字/小文字,全角・半角を区別しません。

一覧表形式とカード形式,両方の表示が出来ます。

また、印刷は罫線付きでの一覧表印刷が可能です。Ver7以降、自由な形式での印刷が可能になりました。

すぐ使えるデータベースが欲しいという人、個人データの整理がしたい人、市販データベースは難しい! という人などに向いているでしょう(逆にSQLを使用したいなど、本格的データベースがほしい人には向いていません)。


主な機能

データの表示

データの編集

データの検索

データの整理・統計

データの出力

その他

カスタマイズ・機能追加依頼

「このような機能があればいいのに」というご要望について有料での早期カスタマイズや機能追加依頼も受け付けています。お気軽にご相談ください。

主な仕様


TCARDのページへ

Copyright(C) Dicre Ltd.